寒いですね

雛祭りも終わり、本格的に春がやってくる時期になりました。まだまだ寒い日々で続きますね。

毎朝の出勤前に通り過ぎるドラッグストアの前には、行列ができているのを見かけるようになりました。コロナウィルスの影響が早く終了して、日用品を安心して購入できる日々が戻ってほしいものです。

さて、今回から私自身がなぜ「ありがとう整骨院」で働くようになったのか、その経緯について数回に分けてお話していこうと思います。

そのきっかけとなったのは学生時代にまで遡ります。高校時代に勉強した世界史で中国の歴史に興味をもったことが大きなきっかけです。中国に興味を持たなければ鍼灸の世界とつながることもなかったでしょう。そのくらい中国の歴史の長さは私にとって異様なほどでした。当時の高校世界史で教える内容は西洋と東洋におおまかに分別され、東洋の歴史はほぼ中国の歴史といえるほど中国の歴史に焦点があてられていました。

歴代活躍した多勢の豪族たち、数千年単位で続く中国の王朝が織りなす戦いの歴史は途方もない情報量でした。一般的な日本人が描く当時の中国のイメージとは、現在の裕福な経済状況とは全く異なるものでした。当時豊かだった日本を目指してやってくる中国の人たちの様子が、よくニュースで報道されていた時代です。日本人が思い描く中国のイメージは比較的マイナスのものが多かったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です